ネット予約RESERVE
ページトップへ

スタッフ紹介 STAFF

ドクターインタビュー

家族の一員であるペットの“生涯のかかりつけ医”でありたい
廣野 直人
Hirono Naoto
あらゆる動物、症例、年齢をトータルで診られるのが獣医の醍醐味

実は当初、医師を目指していましたが、受験勉強をしていく過程で考えが変わっていきました。医師の仕事は科目ごとに専門分野が分かれていますが、動物相手の獣医の場合は、動物の種類を問わず、あらゆるケガや病気に対応する必要があります。内科や外科はもちろん、歯科、さらに出産から介護までをトータルで診られることにやりがいを感じて獣医を目指すようになりました。

ということで現在、犬や猫を中心に、総合的にあらゆる動物を診ています。得意ジャンルは、腫瘍や外科、内視鏡治療です。内視鏡治療は、メスを入れる傷口が小さく済むことから、術後の回復も早く、そのため動物の負担を軽くしてあげられるのが最大のメリットです。

ペットオーナーさんとの一期一会を大切に

当院では多いときで、1日に100件以上のオーナーさんがペットを連れて来院しますが、オーナーさんからしてみれば、私の診療を受けるのは一生に一度の場合もあります。だからこそ、毎回の診療が一期一会だととらえて、ていねいな診察をモットーにしています。

ペットに対しては、犬や猫とひと口にいってもそれぞれ個性があり、性格も異なりますので、診察しながら、「この子は臆病だな」とか、「人懐っこいな」といった性質を見極めて、その子に合うようにできるだけ臨機応変に対応するようにしています。

日々さまざまなペットの症例と出会うなかで、たとえ同じ病気だとしても、その子が薬を飲めるかどうか、通院できるかなどオーナーさんのライフスタイルや経済状況によっても治療法は変わってきます。ペットやオーナーさんにとって、ベストな選択ができるように配慮しています。

ペットオーナーさんへの説明はじっくり時間をかけて

例えば手術が必要なケースでは事前に、手術をした場合、しない場合のメリットやデメリットについてオーナーさんになるべく時間をかけて説明するようにしています。もちろん、かならずしも手術をすることがベストだとはかぎりません。オーナーさんと納得がいくまでとことん相談した上で、最終的にオーナーさんに決めていただくようにしています。そのためには専門用語などは極力使わず、わかりやすい言葉で説明し理解してもらえるよう心がけています。

よく勘違いされることが多いのは、動物に手術をしたり、抗がん剤治療をしたりすること自体がかわいそうという考えのオーナーさんがいらっしゃることです。そうした誤解を取り除くため、説明に時間をかけることも多いです。

以前、犬の脚に腫瘍ができたものの、かわいそうだからといって手術を拒んでいた結果、腫瘍が大きくなって悪化してから脚の切断手術に踏み切るケースもありました。もちろん、オーナーさんの気持ちを考えれば、受け入れるのが難しいケースですが、こういうときほど時間をかけてオーナーさんに説明するようにしています。

獣医として近年感じていること

近年の傾向としては、大型犬が減ったほか、ペットの交通事故や骨折などが減っています。変わって増えてきているのが異物や中毒を起こす食物の誤食です。食べてから数時間であれば吐かせるなどして大事に至らずにすむ場合もありますが、内視鏡や開腹手術が必要なケースもありオーナーさんの不注意でこのようなケースに至るのはとても心が痛みます。

また、犬や猫の場合、人間と同じで高齢になるにつれてがんを発症するケースが増えてきます。
他院では高齢のため、「手術できない」といわれてしまった犬や猫のオーナーさんが当院に連れてきて手術した結果、元気に回復するなど、嬉しい報告をいただくこともあります。

もちろん、手術が難しいケースもありますし、高齢の動物の体力を考えて麻酔や手術のリスクを避ける病院があるのは仕方ないことだとは思います。当院では多くの病気をカバーできる設備や経験豊富な獣医が揃っている点が強みです。なかには手術すれば治るケースもあるので、諦めずに相談に来て欲しいと思います。

家族の一員であるペットが健康で長生きするためのサポートを

家族の一員であるペットがオーナーさん共々健康で長生きすることがなにより理想です。ペットの具合が悪くなるとその飼い主さんも病んでしまう場合があるので動物病院としては双方のケアが必要と考えています。これからも獣医としてそのお手伝いができるようにサポートしていきたいです。

人間同様、医療の進歩とともに、ペットの平均寿命も昔より伸びています。今後の課題としては、介護に注力する必要があると考えています。また動物の場合、人より病気の発見が遅れる上、進行が速いケースが多いので、健康診断をはじめとする予防医療にも取り組んでいるところです。地域のペットの“かかりつけ医”として生涯おつきあいできるパートナーでありたいですね。

飼い主さんが納得した上で治療を受けていただくのが理想ですので、コミュニケーションをとった上で治療方針を決めていけたらと思います。まずはペットの悩み相談を気軽にするつもりで、来院していただけたら幸いです。

【獣医の方へ】当院で働くメリット

当院の方針として、ペット業界に限定せず社会全体の中での位置づけとして、動物病院をとらえています。ですので、獣医としてだけでなく、人としても一社会人としても成長できるよう、さまざまな取り組みがあるのが特徴です。

たとえば、学術的なセミナーだけでなく、ホスピタリティーやマーケティングを勉強する機会を年数回設けています。また1on1ミーティングを行い、個々の能力を最大限に発揮できるよう力を注いでいます。それから朝に、みんなで3分間スピーチというかたちで自分の興味のあるニュースやトピックスなどを発表したり、共有したりする場もありますよ。獣医として専門性を磨くだけでなく、人間力も強化できるほか、横須賀という土地柄、ペットオーナーさんに外国人が多いため、日常英会話も鍛えられます。
若い人からベテランまでそれぞれの個々に良いところがあります。お互いに助け合い高め合って成長していきたいですね。

廣野 直人(ひろの なおと)
北里大学卒業
1999年4月より現職
現在早稲田大学大学院経営管理研究科在学中
所属:日本獣医がん学会、日本獣医麻酔外科学会、日本内視鏡外科研究会(JSVES)、日本動物病院マネージャー協会(JAM)、VSJ Summit、早稲田大学大学院経営管理研究科修士課程
趣味:スポーツ全般
ペット:雑種の保護猫